初心者の釣り講座Vol.8

いざ、阿寒湖へ…

 前回のわかさぎダービーはいかがでしたでしょうか?プレゼントに当選した方は、ぜひわかさぎ釣りにチャレンジしてもらいたいです。
 今回は、1月下旬の阿寒湖での釣りの様子を書こうかなと…。
 我々釣りバカ達は、情報に関して敏感です。某新聞に○○が釣れていると書いてあれば確かめに行ってしまいます。今回もそんな情報を頼りに朝5時、会社前に集合。阿寒湖を目指しました。
 今回初参戦の2人を含めた計6人での釣行です。この日の天候は晴れ。片道70キロ程の道のりを車2台で走っていく。
 1時間20分程でしょうか、目的地阿寒湖に到着です。
 車を降りると冷気が体中を襲ってきます。寒いのではなく痛いんです。湖面を見ると釣り人が…いない?しばらく車の中で暖をとりながら待っていると管理棟の人が出現。釣り場は何処なのかを聞き出して、その現場へと直行する。そこには雪が積もっていたので、まずは除雪から。場所を確保したところでやっとテントを設営した。と、そこに遊漁料を徴収しにやってきた。
 一人1,100円!「高いぞ阿寒湖…」もうこうなったらたくさん釣ってやると心に誓い、阿寒湖での釣りはスタート!
 仕掛けを穴に降ろしてみると全然底に着かない…。「深いぞ阿寒湖…」もうこうなったら気合で巻き上げるしかないと腹をくくる。
 ちなみに我々が釣り座にした場所はとても氷が分厚く、60センチ程はあって、人数分の穴を開けるのも大変でした。
 仕掛けを入れてから僅か数十秒、初めてのアタリがきた。仕掛けを巻き上げると、ちょうど食べ頃サイズの8センチ程のわかさぎが上がってきた。幸先の良いスタートです。今日は釣れるかも?という期待が後に現実になってしまう事をこの時はまだ誰も知る由もありません。釣り始めてからず〜っと飽きないぐらい竿先を揺らしてくれて、釣果も右肩上がりに伸びていく。FMラジオから流れる歌をバックに数時間。途中、仕掛けが絡まってしまい、タイムロスもあったけど、6人で700匹弱も釣れて大満足の釣果になりました。
 そして、本日のメインイベント?鶴雅さんでの日帰り入浴に行って来ました。
 冷えきった身体にはやっぱり温泉ですね。今日の疲れや、日頃の疲れを取り払ってくれる、温泉っていいですよね〜。
 鶴雅さんにはたくさんの浴槽があって、全ての浴槽を制覇するには時間がかかりました。
 皆さんもぜひ、わかさぎ釣り+温泉を楽しんでみては、いかがでしょうか?

 
今月の1枚  

阿寒湖は今年のオススメの釣り場!