健康コラム|歯とお口の健康について
1

もし、歯が抜けてしまったら?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 歯が抜けてしまう原因としては、事故で抜ける場合、むし歯で抜ける場合、歯周炎で抜ける場合が考えられます。抜けた場合の対処法をお話しします。
 雪が解け、だんだん暖かくなり、お子さまも外で遊ぶことが多くなると思います。転んで歯をぶつけ、歯が抜けるということが起こることがあります。そのような事故で抜けた場合ですと、対処が早ければ早いほど元に戻る可能性があります。まず抜けた歯を探し、汚れている場合軽く水で洗いましょう。洗うときは石鹸、洗剤は使わず、もちろんブラシなどは使わず軽く30秒以内にしてください。その後ですが、(1)すぐに歯を抜けたところに戻す。それが出来ないとき(2)ほっぺの内側に入れる。(3)牛乳の中に入れる。出来るだけ早く歯医者さんに行く。抜けてから30分以内で対処出来れば元通りに戻ることが非常に高くなります。家には帰らないで大至急歯医者に行きましょう!!ご家庭でもお子さまにお話してあげてください。抜けた歯がむし歯、歯周炎の場合は残念ながら再植は不可能です。その事については次号以降お話します。

前歯を1本失った場合
ブリッジ

抜けた歯の両隣の健康な歯を削って連結してブリッジにします。

義歯

バネのところは健康な歯を多少削るかもしれません。
※バネが見えます。

 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity