健康コラム|歯とお口の健康について
4

もし、歯が抜けてしまったら?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 パート3に続き、今回は、インプラントについて長所・短所をお話しします。
 インプラント(人口歯根)とは、歯のない部分に生体親知性のあるチタンでできた人工歯根を埋め込んで、人口の歯をその上に取り付ける治療法です。
 インプラントの長所…(1)抜けた両隣の健康な歯を削らなくて済む。(2)自分の歯の様に噛めるようになる。(3)元々の歯とわからないぐらいになる。(4)骨の吸収を防げる。(5)噛み合わせの安定を確保できる。(6)抜け落ちてもやり直しができる。短所…(1)保険適用ではなく比較的費用がかかる。(2)治療時間がかかる。(3)チタン金属なのでむし歯にはならないが、自分の歯のように歯周炎にはなることがある。(4)成功率90%以上であるが、人口歯根が骨につかないこともある。(やり直しが可能)(5)手入れが悪いと自分の歯のようにだめになる。
 あくまでも保険治療で認められたブリッジが一般的な治療になりますが、自分の歯ぐらいの性能で、健康な歯を削る必要性がないことがインプラントの最大の長所でしょう。
 インプラントはすでに日本の歯科大学でも教えられている学問で、その予後は国際的にも認められた処置であります。
 次号はインプラントの可能性についてお話します。

前歯を一本失った場合

  従来の治療法(ブリッジ)
  ●両側の健康な歯を削る必要があります。
  インプラント治療
  ●健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。
奥歯を失った場合
     
従来の治療法(部分入れ歯)   インプラント治療
    ●止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。
  しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。
●金具の止め具などに違和感を感じ、見た目も良くありません。
●かたいものが安心して食べられません。
 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity