健康コラム|歯とお口の健康について
6

もし、歯が抜けてしまったら?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 パート5に続き、今回もインプラントの可能性についてお話しします。
おいしく自分の歯で食事をするには、自分の歯がしっかりと骨に埋まってこそ歯としての機能が発揮できます。同じようにインプラント(人工歯根)も、骨に必要十分に埋まっていなければなりません。
歯が抜けて、しかも骨が吸収してインプラントが入る必要十分な骨が少ないことがあります。以前ではこのように骨が少ないケースではインプラントは出来ないと言われていました。しかし、現在では再生療法の進歩で、骨を作りインプラントが出来るようなケースが増えています。骨を作る技術は「GBR法(歯槽骨増大術)」や「サイナスリフト(上顎洞底挙上術)」などいくつかあります。
インプラントの可能性@としてGBR法をお話します。GBR法とは骨が不足している部分に、膜を用いて骨を作るスペースを用意し、その中に、骨のもとになるものを詰めて骨の再生を促す治療法です。この方法はインプラント埋入手術前に必要な骨を作ってしまうか、もしくはインプラント手術のとき、同時に行われます。

●埋める場所に骨の量が十分にない場合

 
 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity