健康コラム|歯とお口の健康について
9

もし、歯が抜けてしまったら?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 歯が抜けてしまった時の治療法の一つ 入れ歯(義歯)についてお話します。
  歯がなくなった時に義歯を入れる目的は、咀嚼・嚥下・発音といった健康で、楽しい生活をおくるための機能回復することにあります。また、歯がなくなったため、口元が小さくなり、年寄りじみた顔になることを防ぎ、審美性の問題を解決し若々しくなります。
  歯科医院で精密にきちんと作った義歯でも、何日かしっくりこない場合があるものです。また、いきなり何でも噛めるというわけにはいきません。痛い部分を調整してもらい、噛み合わせを調整してもらい、少しずつ自分の義歯になっていきます。ですから、初めのうちは柔らかいものを食べて、噛むことに慣れていくことが必要です。しかし、義歯は歯ぐきの上に乗って力を支えるため、インプラントのように堅いものは噛むことは出来ません。
  顎の状態も人それぞれなので調整が簡単な方もいれば、難しい方もいます。かかりつけの歯科医院でしっかり調整してもらうことが大切です。

 

 
 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity