健康コラム|歯とお口の健康について
11

もし、歯が抜けてしまったら?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 歯が抜けてしまって、そのままにされている方が多くいらっしゃいます。「痛くないから!」「別に食べるのに不自由がないしそのままで良い」とおっしゃる方もいらっしゃいます。実際に、歯が抜けてそのままにしておくと、どんな影響が出るかについてお話します。
 歯が抜けたままにしておくと、抜けた両隣の歯が抜けている方向に傾きます。場合によっては抜けた空間が埋まるぐらいになることもありますが、傾くだけできれいに埋まることは少ないです。その結果、磨きにくくプラークもたまりやすく、歯周炎、虫歯になりやすくなります。
 抜けた所に咬み合う歯が伸びてきて、伸びた歯とその隣の歯の間に段差が出来て、物が挟まったり虫歯になりやすくなります。最悪の場合、歯が伸びるところの限界まで行くと歯が抜け落ちてしまうこともあります。
 また、噛み合わせに変化が生じて咬みにくくなったり、顎が痛くなる顎関節症になることもあります。
 親知らず、または転位歯(噛み合わせに関係ない歯)等の噛み合わせに関係ない歯がなくなっても問題はありませんが、もしも抜けた歯がある時は、以上のような症状が発現する前にかかりつけの歯科医院で相談する方がよろしいと思います。

※歯に関するご質問・お問い合わせは「住まいる編集部」まで

 

 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity