健康コラム|歯とお口の健康について
1

一生、自分の歯で食べるには?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 一生、おいしく、楽しく、自分の歯で食べることが出来ればすばらしいことだと思います。
 今回からの特集は”いかに自分の歯を失うことなく、健康で食べること”についてお話しします。
 歯を失う原因で一番多いのは何かご存じですか??実は歯周炎(歯槽膿漏)なのです。30歳頃から増え、恐ろしいことに日本人の半分ぐらいは初期の歯周炎(歯肉炎)です。
 歯周病の最初の症状は、歯磨きの時の歯ぐきからの出血です。初期の段階つまり歯肉炎ですと一番の原因である歯垢や歯石の除去で、歯周組織の汚れの改善や歯ぐきに対する適切な処置で改善します。しかし、長期にわたりこのような症状を繰り返すと、歯周組織の歯槽骨(しそうこつ・歯根を取り巻いている骨)が痩せてきて(骨の吸収)、歯ぐきからの出血や膿がでてきて、口臭も激しくなってきます。しまいに歯が動くようになり抜けてしまいます。
 それでは、どうしたら良いでしょうか?…歯垢・歯石の除去です。毎日行う、正しいブラッシングです。実際、意外と自己流のブラッシングでは磨けていないのが現実です。そのため、歯石は歯科医院で『プロが行うお口の清掃』をしてもらってください。いずれにしても、1年に2回ほどは、かかりつけの歯科医師によるお口の定期検診が大切です。その時、正しいブラッシングの指導(磨きにくいところのチェック、そしてその部位に対する対処法)、歯石除去(ブラッシングだけではどうしても歯石はたまります。)汚れが付きにくい環境(合っていない詰め物、歯並びが悪いなど)をチェックしてもらってください。

※歯に関するご質問・お問い合わせは「住まいる編集部」まで

 

 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity