健康コラム|歯とお口の健康について
3

一生、自分の歯で食べるには?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 たった一日、歯を磨かないだけでも、歯の表面にねばねばした白いクリーム状の物が歯に張り付いて来ます。これが歯を失う一番の問題、歯周病の最大の原因であるプラーク(歯垢)です。
 プラークは白いクリーム状ですから食べ物のかすと間違いやすいですが、実はかすではなく歯周病やむし歯を作る細菌の塊なのです。その数はプラークたった1mg中に1億以上の細菌がいます。かなりの数の細菌が悪さをして毒素や酵素をだして歯ぐきに炎症を起こさせ、歯ぐきが赤く腫れてくるのです。歯磨きの時やリンゴをかじると出血してきます。
 この歯周病の原因であるプラークを取り除くことが大切で、その中でも歯ブラシが一番大切です。うがいではプラークは除去出来ません。また、歯周病用のうがい薬だとしても、うがいだけでは除去出来ません。つまり、機械的(歯ブラシ、音波などの電動歯ブラシ、フロス、歯間ブラシ)に除去する事が一番大切で、機械的除去後に歯周病用のうがい薬が効果的です。
 まず、歯ブラシを使用しない人は誰もいないと思いますが、意外と歯ブラシをうまく使いこなしていない人も多いようです。かかりつけの歯科医院で歯ブラシチェックをしてもらうことも大切です。次回から具体的に歯ブラシについてお話しします。

※歯に関するご質問・お問い合わせは「住まいる編集部」まで

 

 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity