健康コラム|歯とお口の健康について
4

一生、自分の歯で食べるには?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 前回は歯周病の最大の原因、最近の塊であるプラーク(歯垢)についてお話ししました。
 今回はそのプラークを効果的に除去するブラッシングと歯ブラシについてお話しします。毎日使う歯ブラシ、大切なお口の状態を健康にするには多少良い歯ブラシを使いましょう。

【1】歯ブラシは大きすぎない…市販の歯ブラシは大きすぎることが多いです。歯科医院専用は隅々まで行き届く様に少し小さめになっています。

【2】毛の硬さが硬すぎない…毛の硬いブラシは汚れが良く取れてスッキリしますが、デリケートな歯ぐきを痛めてしまいます。市販の歯ブラシの毛は硬めのことが多いです。また、柔らかすぎると汚れが取れません。日本人の女性は特に歯ぐきが薄くデリケートな方が多いです。硬い歯ブラシは歯ぐきを下げやすいので注意が必要です。

【3】毛先が真っすぐ…どんなに優れた歯ブラシでも歯肉ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の底まで毛先は入りません。また、その必要はありません。波形、尖った毛先の歯ブラシは良く磨けそうですが、実際はそれほど効果がなく歯ぐきを傷つけることが多いです。歯科医院専用は波形等の毛先がない様にシンプルな形が一般的です。

【4】ブラシの先を歯に直角にあて、力を入れすぎない…道路掃除の時、ほうきの毛先が開いて、傷んでいると効率的に掃除ができなく、ついつい力が入りやすく、新しいほうきの方が良いことを経験します。同じように歯ブラシも毛先が広がっていると効率が悪く、磨けないあまりついつい力が入り、歯ぐきを傷つけることが多いです。毛先の広がっていない歯ブラシで歯面に対して直角にあて力を入れすぎないことが大切です。歯ブラシの寿命は通常1ヶ月と考えた方が良いでしょう。

【5】ブラッシングの時間は2〜4分…お口の中を右上、左上、右下、左下に4等分してそれぞれ30秒磨くと2分かかります。漠然と磨いていると磨きやすい部分、人前で気になる前歯しか磨かない傾向にあります。効率的に時計をみてまんべんなく磨くことが大切です。また、一日一回は4分以上のブラッシングが大切です。一度こびり付いた車の水垢はなかなか取れないものです。しかし、しっかり水垢を取ってあげると簡単な掃除で汚れが取れます。歯ブラシも同じように一日に一回はしっかり汚れを取りましょう。

 毎日行う、大切な歯ブラシ、大切な時間を効率的に効果あるようにしたいものです。そのためにも、かかりつけの歯科医院で自分にあった歯ブラシを選んでもらい、歯ブラシの仕方をチェックしてもらうことも大切です。次回はオーバー・ブラッシングの問題についてお話しします。

※歯に関するご質問・お問い合わせは「住まいる編集部」まで

 

 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity