健康コラム|歯とお口の健康について
6

一生、自分の歯で食べるには?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 前回は歯ブラシの誤った使い方、オーバー・ブラッシングの問題についてお話ししました。
 オーバー・ブラッシングとは、力を入れて硬めの歯ブラシでゴシゴシ磨くことで、歯肉退縮状態(歯肉が下がる、歯根が露出、歯が長く見える)になることを判っていただけたと思います。【図1】。
 また、日本人は歯ぐきの薄い方が多く、特に女性は歯ぐきが薄い傾向があり、普通の硬さの歯ブラシでも歯肉退縮が起こること、その歯肉退縮の予防にはローリングと一歯磨きが有効なことも判っていただけたと思います。今回は歯肉退縮の治療法についてお話しします。
 歯肉露出による問題は、むし歯になったり、冷たい水がしみる、審美障害があり、最終的には抜歯に至ることもあります。今までむし歯や知覚過敏には、コンポジットレジンを詰めることで対応してきましたが、根本的な解決にはなっていませんでした。では、どうしたらいいでしょうか?もとどおりの歯肉の状態、歯根が完全に歯肉に覆われた状態に戻れば良いわけです。その治療法を根面被服(ひふく)術と言います【図2】。この根面被服術は歯肉を移植することで、下がった歯肉を元の状態に治し、歯肉が厚くなることで歯肉退縮予防にもなる雌雄外科の特殊な治療法になってます。

※歯に関するご質問・お問い合わせは「住まいる編集部」まで

 

 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity