健康コラム|歯とお口の健康について
9

一生、自分の歯で食べるには?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 前回は歯周炎等が体の病気に関係があることをお話ししました。
 今回は具体的に、歯周炎が糖尿病に、また逆に糖尿病が歯周炎に影響することについてお話しします。
 少し専門的な内容となりますが、歯周炎が悪化して歯周病原菌が増えると、最近の成分が血液内に流れ込み、その成分が体の細胞を刺激していろいろな活性物質が作られます。その結果、全身にいろいろな影響を及ぼしていきます。その活性物質の一つでTNFα(tumor necrosis factor α)が糖尿病に影響すると云われています。
 糖尿病とは血液中の糖のコントロールがおかしくなる病気で、血液の糖の濃度をコントロールしているホルモン、膵臓から作られるインシュリンに影響しています。インシュリンの量が低下する場合、細胞がインシュリン対して反応しづらくなる場合によって引き起こされます。
 近年、細胞がインシュリンに反応して血液中の糖を細胞内に取り込み、血糖値を下げる反応を、血液中のTNFαが阻害し、細胞がインシュリンに対して反応しづらくなることが判ってきました。つまりこのようなタイプの糖尿病では、TNFαを下げることで糖尿病の症状が良くなります。患者さんが出来る簡単なTNFαを減少させる方法は、歯ブラシでお口の細菌を減らすことです。また、取り残しの細菌は歯科医院でスケーリング・ルートプレーニングそしてPMTC、フラップ手術で細菌を減らすことで血糖値が安定し易いと云われています。
 歯周炎によって細菌感染が起こりやすく、傷が治りにくい事がよくあります。また糖尿病の影響で、歯周炎の細菌が増殖し易く、歯周炎が治りにくいこともよくあります。つまり、歯周炎が糖尿病に、糖尿病が歯周炎に密接に影響していることがお判りいただけるかと思います。糖尿病の方は毎日のブラッシングを大事にしましょう。
 次回は歯周炎が循環器障害に影響することについて詳しくお話しします。

※歯に関するご質問・お問い合わせは「住まいる編集部」まで

 

   
 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity