健康コラム|歯とお口の健康について
10

一生、自分の歯で食べるには?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 前回は歯周病と糖尿病の密接な関係があることについてお話ししました。
 今回は歯周病が全身に及ぼすその他の影響についてのお話です。
 現在、日本では高齢化が進んできています。最近、高齢者の誤嚥性(ごえんせい)肺炎という病名を耳にすると思います。お口と肺はつながっているため、気づかないうちに飲み込んだものが気管から肺に流れ込むことがあるのです。歯周病が進みお口の中の最近が多いと、その細菌が肺炎を引き起こすことがありますので注意しましょう。お口の中をきちんと清掃することにより誤嚥性肺炎を防ぐことにつながっていきます。
 動脈硬化症という病気は、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こしますが、その原因のひとつはお口の中の細菌といわれています。血液中に入り込んだ歯周病原菌が血管壁に感染すると、防御反応により動脈壁の硬化が起こります。また、歯周病原菌の作用で血小板が塊となり、心臓の冠動脈がつまるようになります。
 その他にも、心臓の心内膜炎という言葉を聞いたことがあると思います。歯周病原菌が血管を通って心臓の内膜に住み着き、炎症を起こすことがあります。ほとんどの場合、体の防御システムによってすぐ排除されてしまいますが、心臓の弁に障がいのある方、人工弁を入れている方など、血液の流れがスムーズでない方に多く起こります。
 つまり、歯周病によりお口の細菌は、お口だけでなく、体の健康に大きく関わっていることをお判りになっていただけたと思います。いつまでも健康でおいしく食べたいものですよね!そのためにも毎日のブラッシング、そして歯科医院によるプロフェッショナルクリーニングをしてもらうことが大切です。
 次回は自分の歯を長持ちさせるためのお話、むし歯のお話をしていきます。

※歯に関するご質問・お問い合わせは「住まいる編集部」まで

 

   
 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity