健康コラム|歯とお口の健康について
11

一生、自分の歯で食べるには?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 前回は歯周病が全身に及ぼす影響についてお話しをしました。
 今回は歯を失う原因の一つ、むし歯についてお話ししていきます。
 朝、昼、晩、と食事をする度に歯磨きを欠かさずしているにも関わらず、むし歯が出来ると悩まれている方がいらっしゃいます。むし歯はお口の衛生状態以外の原因でも出来ることがあります。むし歯は、むし歯菌の出す酸が歯を溶かすことはよく知られています。では、むし歯菌がなくても、身近な酸性の食べ物や飲み物が歯を溶かすことはご存知でしょうか?それも身近な物が歯を溶かすのです。
 お口の中は通常中性(pH7少し酸性より)で保たれています。歯(エナメル質)はpH5.5(数値が小さいほど酸性が強い)より酸性度が強くなると溶け始めます。むし歯を作る酸以外でも食べ物や飲み物の酸によっても歯が溶ける(酸蝕症・さんしょくしょう)ということです。普段私達が摂っているほとんどの食べ物や飲み物【図参照】がpH5.5以下であることを知るとびっくりされると思います。毎日健康のために黒酢を飲まれている人、毎晩ワインを楽しまれている人、運動中にスポーツ飲料を飲まれている人などは、飲み方や飲む時間などに気をつけましょう。簡単に言うとpH5.5以下の物を口にしないことですが、それは現実的には無理ですので、お口に入っている時間を短くすること、お口に入っている回数を減らすことです。ヒマラヤの山奥に住んでいる人は歯磨きをしないのにむし歯がほとんどないそうです。彼らは1日1回しか食事をしないこともあるそうで、ましてやジュース、スポーツ飲料は飲んでいません。つまり、回数を減らす(朝、昼、晩、おやつと時間を決める)、お口に含んでいる時間を短くすることです。
 次回は自分の歯を長持ちさせるためのお話、むし歯になる原因について詳しくお話をしていきます。

※歯に関するご質問・お問い合わせは「住まいる編集部」まで

 

 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity