健康コラム|歯とお口の健康について
12

一生、自分の歯で食べるには?

記事提供/医療法人社団 いのこ歯科医院 理事長 猪子光晴

 前回はむし歯について、特に日常的に食べている物でも歯が溶けることをお話ししました。
 今回はむし歯になる原因について詳しくお話をしていきます。
 お口の中は通常中性(pH7少し酸性より)で保たれています。歯(エナメル質)はpH5.5(数値が小さいほど酸性が強い)より酸性度が強くなると歯が溶け始めます。つまり、酸によってむし歯(歯が溶ける)が出来るわけです。その酸にはむし歯菌の作る酸と食べ物の酸による歯が溶けるというお話もさせていただきました。では、食べ物を食べてからどのようにお口の中が酸性(特にpH5.5以下)になるのかを縦にpH(酸性度)横に経過時間を示したグラフ【図1】で説明します。お食事をしていない時は青の部分です。また、お食事をすると歯が溶け始めます(脱灰←赤いところ)。つまり、毎日のお食事の度に脱灰(歯が溶ける)、そして再石灰化(歯が溶けない)を繰り返しているのです。普段食べている殆どの食べ物【図1】がpH5.5以下であり、歯は食べている間、常に脱灰します。びっくりですよね!!次に飲食回数と脱灰・再石灰化の関係を示します。【図2】お口に入っている回数を減らすことで脱灰よりも再石灰化が多くなりますよね!つまり、むし歯にはならないわけです。ほとんどの食べ物は酸性(歯が溶けだすpH5.5以下)が多いのが現状です。酸性ではない物を探す方が大変です。そんなことをしていると食べるものがなくなってしまいます。体に良い、お酢ドリンク(pH3.3)、醤油(pH4.7)、赤ワイン(pH3.4)、スポーツ飲料(pH3.5)でも酸性です。また、酸でないご飯でもむし歯菌により酸が作られお口の中は酸性になります。つまり、食べ物を選ぶのでなく、ほとんどの食べ物がむし歯になる可能性があることを考え、食べ方、食べる回数、食べている時間が大切と言うことです。
 次回はむし歯になる原因についてさらに詳しくお話をしていきます。

※歯に関するご質問・お問い合わせは「住まいる編集部」まで

 

   
 

バックナンバー

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート1

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート2

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート3

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート4

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート5

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート6

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート7

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート8

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート9

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート10

 >> もし、歯が抜けてしまったら?パート11

 

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート1

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート2

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート3

 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート4
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート5  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート6
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート7  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート8
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート9  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート10
 >> 一生、自分の歯で食べるには?パート11  >> 一生、自分の歯で食べるには?パート12
CoCoCity