どうせ観るなら私のお勧めを!
     
 
   
image

取材協力:リラィアブル ブックス北見店
       ツタヤレンタル

©2006-2008 NBC Studios, Inc. All rights reserved.
©2006-2007 Universal Studios. All Rights Reserved.

第6回 HEROES(ヒーローズ)

 2月22日、その日がとうとうやってきた。
 2006年〜2007年、全米新作ドラマ視聴率No.1のモンスター海外ドラマのレンタル開始日だ。
 3月号の住まいるがみなさんの手元に届く頃は、まだ貸し出し中ばかりで観れていない読者も多いことだろう。
 今回お勧めの「HEROES」(ヒーローズ)は、アメリカで2006年より放映されているテレビドラマシリーズ。特殊な能力を持った人々を描いたSF作品である。
 アメリカでは2007年9月よりシーズン2が放映され、衝撃的な内容の11話でストップしている。最後のシーンやスーパーを観る限りでは、シーズン2は予定の24話ではなく11話で完結し、続きはシーズン3になるのでは?との情報もある。
 また、助演男優(注1)でヒロ役のマシ・オカは、今もっとも有名な日本人として紹介されていて「HEROES」のキーマンでもある。日本人なので親しみやすいし、登場回数も多いので彼に注目して観て欲しい。
 では、あらすじを…。
 ニューヨーク、ラスベガス、東京…世界各地で次々とある異変が起こっていた。平凡な人々に突如として特殊な能力が備わって行く。ある者は空を飛び、ある者は未来を予知、またある者は時空間を行き来できる能力を持つ。さらには細胞組織の再生、怪力テレパシー能力吸収、知的操作、透明化など。しかし、突然に不可解な能力に目覚めた彼ら。ある者はその能力に戸惑い、ある者はその能力のために人生を狂わされ、ある者はその能力を悪用し…物語が進むにつれその能力者達が1つの糸で結ばれていたかのように繋がっていく。彼らはその運命を受け入れ、予知された2008年11月8日に起こるニューヨークでの大爆発を阻止し、未来を変え地球を救うヒーローになれるのか…。
 とにかく忙しいドラマである。2月22日に7話までレンタルして観た人は消化不良になっているのではないだろうか?観出したら止まらないノンストップな作品なのである。
 「HEROES」はSF作品であるが、さまざまな背景を持つ人々の人間ドラマが同時進行する。それは、親と子、兄弟姉妹、夫妻、友人、それぞれの関係の中で、感動のシーンがエピソードの中に散りばめられている。だから飽きないし、ドラマに引き込まれて行くのである。
 「HEROES」は、前に紹介した「プリズン・ブレイク」同様に中毒性が高い。今日はココまでと決めても、よっぽど意志の強い読者じゃない限りは借りた数だけ観てしまうか、疲れて寝てしまって…と言うパターンに陥るだろう。「HEROES」は、ハラハラ・ドキドキ、寝不足・引きこもり注意の作品なのである(爆)


    ●エピソード1 全23話  
     2月22日 1〜7話 レンタル開始  
     3月7日 8〜13話 レンタル予定  
     3月27日 14〜19話 レンタル予定  
     4月10日 20〜23話 (最終話)レンタル予定  
    ●エピソード2 全11話 (DVD化未定)  

 

注1…ピーターと並び私は立派な主役と思っていたが…ヒロはエミー賞やゴールデン賞では助演男優でノミネートされていた。

   
  ▼Back Number
   第 1 回 PRISON BREAK(プリズン・ブレイク)
   第 2 回 DEAD ZONE(デッド・ゾーン)
   第 3 回 CSI:科学捜査班
   第 4 回 ミディアム 霊能者 アリソン・デュポア
   第 5 回 SUPER NATURAL(スーパーナチュラル)
   第 6 回 HEROES(ヒーローズ)
   第 7 回 地獄少女
   第 8 回 Tru Calling(トゥルー・コーリング)
   第 9 回 DAMAGES(ダメージ)
   第10回 BONES 骨は語る
   第11回 ハンサムスーツ
   第12回 K-20 怪人二十面相伝
   第13回 ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ
   特別編  寅さん
   
 
     
CoCoCity