Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町役場勤務。
町広報係時代に撮影に来ていたアート社の佐藤臣里氏の撮影した女満別の風景写真を見て、自分が地域の魅力を知らずにいたことに気づき、かけがえのない自然環境の保全の観点から、身近にある自然を記録し、発表することを重要なことと位置づけ、女満別やその周辺の風景や、そこに暮らす動植物を写真で紹介し続けている。

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

 オホーツクは「四季」がはっきりしていることが特徴なのですが、それは人間社会の中で大まかなくくりであって、自然界では日々刻々と移り変わりが早いもので、花などは翌日にはもう終息してしまったり、写真を撮っていると私的には四季より「365季」だと感じさせられます。
 私は出来るだけ定点撮影を基本としています。そうすると季節感の移ろいや太陽や月、星との位置関係が観測できて、撮影の想定ができるようになります。

断崖の花畑 〜 藻琴山

 創刊号が発刊された頃に、藻琴山に登った時はいつもの年より雪も残り植物たちもまだ本格的な目覚めには早い様子でしたが、2週間後登った時は藻琴山の屏風岩の南急斜面20メートルほどに渡って「エゾノハクサンイチゲ」が白い花を一面に咲かせていました。この日は、先々週に登ったときに芽吹き状態だった千島桜が目的でしたが千島桜は先週一気に訪れた暖気ですでに散り始めていたので少々気分が沈んでいたところに、この一面の花畑は感動ものでした。ようやく「カラスアゲハ」などの蝶たちも舞い踊り始め、ようやく藻琴山の花々が夏シーズンの訪れを告げます。

美岬牧場の春 〜 網走市能取岬

 「能取岬」の黄色いタンポポ絨毯がすっかり消え去ってしまい、牧場の草地も春の日差しで栄養を蓄え新緑が眩しい頃「能取岬」はタンポポから次の主役、牛や馬たちへ交代の時期を迎えます。牧草の新緑に映える牛たち、それを見守る知床連山がタイミングよく揃ってくれるのは、広い牧場でじっとその時期を待っていると、つい陽気でこちらもウトウトしそうになってしまいます。知床連山も、晴天が続いたり気温が低いと霞や海霧でその姿をくっきり見ることは出来ないものです。牛も同じ場所でじっとしていることは無いので、すべての条件が揃うのはとても少ないのですが、その絶妙なタイミングに出会うためには、ロケハン(下見)がとても大切になります。

 美岬牧場は知床連山が冠雪すると主役は家畜たちから、また白い雪へと交代してゆきます。
 写真は「この次とか明日に」とかでは撮れないもので、まさしく「一期一会」です。自然だけでなく、家族や友人との思い出の写真も「あの時撮っておけば・・・」と思う前に「まずは撮っておこう」を心がけることが後悔しない心がけです。

 
CoCoCity