Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
東オホーツクの自然・動植物・風土など身近な被写体を題材に撮影活動を続ける。

東オホーツクは、海・山・湖・川・農村景観・流氷と北海道のすべてが凝縮された地域で、四季彩が豊かで気象条件にも変化がありますから撮りつくせないほどに魅力的です。撮影会も企画してますので、お気軽に問い合わせ下さい。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

 ここ最近は、季節ごとの気候にも異変を感じてしまうことが年間を通して多くなったように思うのは私だけでしょうか?低温、猛暑、暖冬などによって、これまで四季の定番の彩りなどが毎年刻々とかわりつつあるように思います。毎年、撮影記録を手帳に書いて撮影予定を決めているのですが、猫の目天候で予定を立てづらくなっています。
 何年も四季の定番を撮影していると、その変化を感じてしまいます。そういう意味で写真は「その時代・瞬間・四季などの大切な記録」になります。四季の情景や一日の中でも、そのときにでしか見られない写真をご紹介します。

サクラマスの故郷神の子池(清里町)

 一年を通してエメラルドのような彩を見せる清里町裏摩周に近い森の中にある神の子池。8月中旬、いつもは池の中で悠々と泳ぐのは体長20センチほどのオショロコマなんですが、この日は60センチほどもある婚姻色に染まったサクラマスが池を制圧していました。下流地域にあるサクラの滝でサクラマスを見かけるのは6月、もうすでに2ヶ月あまりが過ぎて、銀色の魚体から産卵の時期を知らせる赤い婚姻色へと成熟しています。この川で生まれたヤマメのメスが降海して、再び海から40キロほども川を遡上してこのサクラマスの生まれた故郷神の子池にたどり着きます。サクラマスたちにとっては神の子池に注ぐ川は無く、伏流水が沸いている神の子池が長い旅の終着駅と次の世代の始発駅でもあります。神の子池で、サクラマスが見られるのはそう長い期間ではなく、8月から9月にかけてのひとときです。この期間ずっと見られるものではありません。この写真は下流でサクラマスを見ていて、もしかすると神の子池に遡上するかもしれないという期待から何度も通って、ようやく想像から確証へと変わりました。

星のきらめくとき 〜 清里町江南

 お盆を過ぎて、夜露が冷たくなると夜空の星が一段と輝いて見える季節の到来です。星はいつでも見れるよー曇りや雨の日以外は確かに見れると思いますが、自然条件や市街地などの光などでも星の見え方はかなり違うものです。

 この周辺で星がきれいに見える身近な条件は、陸地で市街地から離れて山のあるところ、雨や強風の吹いた翌日はきれいに見えます。8月のお盆過ぎの冷えた夜に星を求めて車を走らせ、清里町江南の丘陵地で車を止めてライトを消した瞬間、天然のプラネタリウムが大迫力で迫ります。斜里岳があるために人工的な光が少なく、この時期は釧路湿原からの湿った空気も流れて来ないので、天の川の一つ一つまでくっきり見えます。

 東オホーツクの地域では斜里岳から藻琴山のエリアが星空がきれいに見える場所です。ただし、月が出ている時間は月の光で小さな星は見えづらくなりますし、暖かい湿度の高い夜は星は見えづらくなります。これからの時期、最適な星空ウォッチングの季節到来です。

 
CoCoCity