Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
東オホーツクの自然・動植物・風土など身近な被写体を題材に撮影活動を続ける。

東オホーツクは、海・山・湖・川・農村景観・流氷と北海道のすべてが凝縮された地域で、四季彩が豊かで気象条件にも変化がありますから撮りつくせないほどに魅力的です。撮影会も企画してますので、お気軽に問い合わせ下さい。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

初日の出を浴びて 〜 藻琴山

 早いもので、もう初日の出の撮影?!自分の時計が進みすぎているように思う方は多いのではないでしょうか?初日の出は欠かささず出かけますが、ここ4年ほど元旦は雪や曇りで初日の出撮影はお預けでした。平成19年の元旦は年末に大雪で風も強かったのできっと藻琴山は綺麗な樹氷のはずと期待を込めて、午前4時過ぎ藻琴山に登り始めました。星をちりばめた紺碧の闇の中で隆々とした樹氷が出迎えてくれました。あとは初日が雲に邪魔されずに樹氷に新年の希望の光を浴びせるのを期待して、寒さの中じっと初日の出を待つのみ。
 6時頃から空の色が濃い青から次第に薄れ地平線近くはオレンジに変わり、7時前に待望の初日が暖かな光を樹氷と体に浴びせてくれました。冬の藻琴山は夏では背丈ほどもある笹と足元に広がる貴重な高山植物たちを守るために、登山道を外れることは厳禁ですが、冬はしっかりと雪に保護されているので夏には歩けない場所も散策できるし、何と言ってもこの標高で手軽にすばらしい樹氷を見られるところは無いと思います。眼下に屈斜路湖、斜里岳・知床連山・雌阿寒、見通しの良いときは大雪の山々までの大パノラマを独り占めできるのです。そして、すばらしい景色を見たあとは疲れた体を中腹の「もことやま山荘」の天然炭酸泉&露天風呂で癒せて帰るのがまた格別です。

雲海を照らす 〜 知床連山・遠音別岳

 東オホーツクは象徴的な山々に囲まれ、その山々からの日の出も撮影ポイントの一つです。静かだった朝靄が気温が上がるにつれて次第に雲海へと勢力を強め、ちょうど日の出の太陽に照らされ、暖かな陽光で雲海は消されてしまいます。太陽の力強さを感じる瞬間です。読書の皆さんは太陽は同じ位置から出る?と思っている方も多いのではないでしょうか?例えば網走市街からでは冬に斜里岳の右まで行き、夏は知床半島を超えて海から、約90度の幅に渡って刻々と移動しています。当然、自分のいる場所が違えば昇る位置も異なります。月も太陽と同様にその軌道で季節によって位置が異なります。また、空気中の水蒸気の量や気温によって水蒸気がレンズの役目になり太陽や月が大きく見えたりすることがあると思います。同じ場所でも何度も通ううちに季節や気象条件で違った写真になることに気づくはずです。単に日の出でも東オホーツクでは季節などによって様々な表情をしてくれます。たまには眠い目を起こして日の出を楽しんで見てください。

 
CoCoCity