Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
東オホーツクの自然・動植物・風土など身近な被写体を題材に撮影活動を続ける。

東オホーツクは、海・山・湖・川・農村景観・流氷と北海道のすべてが凝縮された地域で、四季彩が豊かで気象条件にも変化がありますから撮りつくせないほどに魅力的です。撮影会も企画してますので、お気軽に問い合わせ下さい。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

青サギたちの里帰り 〜 網走湖

 3月を迎えると、太陽の日差しも強くなり、うららかな春の陽気が待ち遠しい気分になります。雪の質感も小さな粒子から大きな粒子に育ち、寒く厳しい冬をじっと耐えていた動植物が強くなった光を受けて芽吹きの準備を加速する時期でもあります。
 網走湖も厚い氷に覆われていた静寂の時期から、氷が融け始めると湖面はオオハクチョウたちがまず占領し始めます。しかし、毎年3月20日頃には決まって南から青サギの約2百羽の群れが一斉に湖畔に里帰りしてきます。青サギにはちゃんとカレンダーが内蔵されているのでしょうか?毎年ほとんど同じ日に青サギ達は、湖畔林を埋め尽くす異様な鳴き声の鳥の集団と化し、何事かと驚かされるほどです。その儀式が終わると、まだ凍った湖上に分散していきます。早々にペアリングを始め、湖畔で営巣の準備を始めます。網走湖畔は日本で最大級の青サギの営巣地としては有名な場所です。青サギのペアは5月に卵が孵化し、網走湖の豊富な小魚が雛を育て、7月には巣立ちが始まります。成鳥とは違い、警戒心の無い幼鳥たちが湖畔で佇む姿がみられます。

もう一度会いたい クラカケアザラシ 〜 羅臼沖

(撮影協力:羅臼の宿まるみ・アルランV世号)

 今年は、大きな流氷が来るのだろうか?毎日流氷情報と睨めっこしながら、願いを込めていました。例年並みの接岸はしたのですが、流氷レーダーでの流氷密度は高いのですが、実際に見てみると流氷個々の大きさが縮小傾向なのは歴然です。流氷が小さい分少しの風でもあっと言う間に去ってしまい、明日流氷を撮影にと出かけると期待はずれなことは多々あります。3月になるといつも期待するのは、羅臼沖に大きな流氷原があることです。流氷の南下と共にアザラシが来ることは皆さんご存知だと思いますが、3月下旬から4月上旬はアザラシの出産シーズンなのです。アザラシは大きな安定した流氷の上で、シャチなどの外敵から赤ちゃんを守れるために出産をするので、流氷がなくなると赤ちゃんに出会えなくなるし、アザラシが安心して出産の出来る場所がなくなります。この写真は、よく見られるゴマフアザラシではなくゴマフアザラシより1.5倍ほど大きく、腰に帯状の模様がある希少種のクラカケアザラシと生まれたての赤ちゃんです。3年前に羅臼沖で半日船に乗ってようやく出会いました。その後、流氷が縮小したり、3月には無かったりで以来出会うことができません。今年こそはと、期待をしていますが、流氷の減少が生態系に及ぼす影響を痛切に感じる一枚です。

 
CoCoCity