Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
東オホーツクの自然・動植物・風土など身近な被写体を題材に撮影活動を続ける。

東オホーツクは、海・山・湖・川・農村景観・流氷と北海道のすべてが凝縮された地域で、四季彩が豊かで気象条件にも変化がありますから撮りつくせないほどに魅力的です。撮影会も企画してますので、お気軽に問い合わせ下さい。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

貴重な春の朝食(エゾリス)〜 網走市豊郷

 春らしい陽気に包まれ、森のなかでもついうとうとしてしまいそうです。雪の中から強い日差しを求めて草花たちが背伸びをして来るのを見つけようと、森を散策していると頭の上から何か粉々になって振ってきました。見上げるとエゾリスが松ぼっくりで朝食をしていました。この時期、エゾリス達の餌になる木の実やキノコは無いので、秋に雪の下や木の根元などに隠し蓄えてある餌も底をついてきたのか、枝に残っている松ぼっくりを求めて散策にやってきます。エゾリスは毎朝規則正しい早起きで、決まって自分のテリトリーを散策しますから、毎朝同じ時間にほとんど会うことができます。動きは機敏なのですが、お腹いっぱいになると外敵に襲われない木の上でうとうと居眠りをしたりします。地球温暖化に拍車をかけるように、あちこちでは中国景気に乗って育った森林が切られ、防風林が無くなったりでエゾリスたちの棲家は次第に狭くなってきています。エゾリスは大きな目をしていますが近眼です、音には敏感なのでエゾリスを見つけたらじっとしていると近くに寄ってきてくれるときもあります。決して追いかけたり大きな音をたてて驚かさないようにしましょう。驚かすと姿を見せなくなることもあります。動物には近づき過ぎないこと、それが動物写真のマナーです。

短い春のドラマ〜アズマイチゲの群落〜大空町女満別住吉

 春を代表する花と言えば水芭蕉が有名ですが、野山では沢地の湿った場所で一番先に雪割で福寿草が顔を見せ、その後雪融けと共に姿を見せる地味な存在のアズマイチゲがあります。アズマイチゲは雪の中から細く白い茎だけが花の蕾を持ち上げてきますから、雪が融けるまではあまりにも小さく細いので何の花なのか野山を散策していても見過ごしてしまいます。春の草花では水芭蕉やザゼンソウは知名度もあり存在感はありますが、アズマイチゲは地面すれすれに小さく菊のような緑色の葉が群生しているので、花が咲くまではわかりずらい存在です。アズマイチゲの花は一輪で一斉に咲かせるとそのれまでの存在感は一気に賑やかになります。でもその白い浮き出たような花はとても短命ですぐに葉の中に隠れてしまいます。短いアズマイチゲの開花が終わると、すぐに夏の草木がすくすくと育つので再びアズマイチゲの存在はすぐに覆われてしまいます。
 ここの場所も道路脇なのですが、短い春の花のドラマが人知れず繰り返されているのです。身近な場所でも小さな春のドラマはあるものです、自然の力や花のはかなさに触れることも癒しの一つではないでしょうか?

 
CoCoCity