Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
東オホーツクの自然・動植物・風土など身近な被写体を題材に撮影活動を続ける。

東オホーツクは、海・山・湖・川・農村景観・流氷と北海道のすべてが凝縮された地域で、四季彩が豊かで気象条件にも変化がありますから撮りつくせないほどに魅力的です。撮影会も企画してますので、お気軽に問い合わせ下さい。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

 早いもので「スマイル」創刊号から1年になりました。私のお気楽な写真とコラムをスマイル編集部の方々のお世話になり、続けてこられたことを心よりお礼申し上げます。
 また、読者の皆さんにも毎月お付き合いをいただいたことに感謝いたします。
 これからも自分が生まれ育った身近で何気ない自然や風景を楽しんで撮影しながら、この地域の持っている魅力を皆さんにお伝えしていきたいと思っています。写真には、これで終わりという完全解答はありえませんから、満足することなく常にハングリーでそしてチャレンジ精神を忘れずに、そして気負わずにやっていけたらと思っていますので、どうぞお付き合いくださいませ。

知床連山からの朝焼け 〜 網走市中園

 私の撮影の基本は、お気に入りの定点を四季を通して、また時間帯によって違うシーンを追いかけて撮影することで、その被写体の一つのドラマが見えたり、自然の貴重さを感じたり、また過去との違いの記録としての資料にもなります。
 一日の中で、特に色彩が違うのは朝陽・夕陽でその色彩も刻々と変わり、3分が勝負。
 ここ網走市中園にある老木の桜は特に印象的で、ついつい撮影に行ってしまいます。きっと農家の方々には迷惑をかけていると思うのですが…ちょうど桜の樹のかなたの知床連山から昇る朝陽を目指していたのですが、夜中に降ったにわか雨の雲が残ってくれて偶然にも空全体を紅に染めてくれました。雲の残り具合、太陽光がタイミングよく絵空を紅に描いてくれました。まさにここに通ったことへの自然からのプレゼントでした。私は、雨が降っても、一般的に天候が悪い時でも撮影に出かけます。その時々のシーンがありますし、この写真のように太陽が出たり沈んだりする時は地表の温度差によって風が生まれ、雲が急に動いたりするものです。今日は、いい夕焼けになりそうで待っていると、直前に風が動いてしまい思ったシーンにはならないことが多いものです。

遅い春 〜 斜里町ウトロ知床峠

 今年は10日以上も早く春の花々も開花してしまい、春があっと言う間に過ぎ去った感じです。4月中旬には平地の水芭蕉が見ごろを迎えてしまい、末には桜も咲き始め、先週は雪見桜にもなってくれて、これまでには無かった桜の撮影ができました。平地の春の花々が終わり、夏の花が咲くころ知床峠では、厚い雪渓の中からか細い水芭蕉がまるでロウソクの様な姿を見せます。ここの雪渓も年によっては6月だったり、7月だったり天候に左右されます。知床峠はどうしても車で快適に通過してしまいがちなのですが、所々歩いて見るとこのように思わぬ発見があるものです。それはどこの道でも同じですが、早い移動は貴重なシーンを見過ごしてしまいますから、たまには歩いて見たり、自転車でゆっくり走ることも、新たな発見につながるものです。ただし、知床峠は道路沿いの「アリの巣」を食べに「ヒグマ」が寄って来ますから必ず音を鳴らしてください。

 
CoCoCity