Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
東オホーツクの自然・動植物・風土など身近な被写体を題材に撮影活動を続ける。

東オホーツクは、海・山・湖・川・農村景観・流氷と北海道のすべてが凝縮された地域で、四季彩が豊かで気象条件にも変化がありますから撮りつくせないほどに魅力的です。最近は、ギターで右手と左手を使い、脳の老化防止にもチャレンジ。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

 7月はオホーツク地域も夏本番を迎え、農村景観も一段と鮮やかな彩りに移り変わる季節になります。白やピンクのジャガイモの花や小麦類も収穫を前に刻々と黄金色に染まっていく変化のある景色が楽しめる季節でもあります。
 読者の皆様も爽やかなオホーツクブルーの風を感じたり、可憐に咲く花々から微笑をもらったり、自然からの恵みを足早でなくちょっと佇んで感じて欲しいと思います。

ひまわりの滑走路 〜 女満別空港

 夏を代表する花「ひまわり」。はじめは観賞用ではなく、畑の肥料として植えられていたのが、いつしか大手旅行代理店のキャンペーンがキッカケで全国に広まり、一躍ひまわり畑が注目されることになりました。ひまわりでは空知の北竜町が食用のひまわり畑を売り出し各地にもひまわりが広まりましたが「ここだけ」にしかない特徴は女満別のひまわりです。ひまわりは、太陽に向かって咲くので西側や北側からは良い景観にはならないものです。ここ女満別空港前は、まさしく「ひまわり滑走路」の上を飛行機が飛び立ちます。飛行機からでは、反対方向なので見え方が違うのですが、こちらからは「ひまわり笑顔」に見送られて飛行機が旅立つ、これが女満別限定の「ひまわりと飛行機」のコラボレーションショットです。このひまわりは畑の肥料になる種類なので背丈も1メートルちょっとなので、見渡しがききますので小さなお子さんでも同じようなショットが楽しめます。このひまわりの賞味期限は天候にも左右されますが開花から約2週間ほどなので、そのタイミングを逃すと畑の中に耕されてしまうこともありますので、絶好のチャンスを逃さないでください。

青麦とオホーツクブルー 〜 網走市中園

 夏の日差しで伸び伸びと育った小麦達。オホーツクからの風にそよぎながら収穫の黄金の衣に向かって染色していきます。私の目にはどうしても緑の麦なのですが、一般的には青い麦という表現なのかと考えてしまいます。麦でも特にビール麦は長いひげ?があるので、風になびくとゆったりとそよぎ、さらさらと麦どうしが囁く音色もこの時期特有の自然の音色です。それに、巣立ちをしたばかりの幼鳥たちも猛禽類から身を守ってくれる鋭い麦の砦の中ですくすくと成長を遂げていきます。じっと見守ると、昆虫たちやそこを舞台として様々な自然界のドラマを垣間見ることができます。実際にそこに居ることは、悔しいかな写真では表現できない別の次元を体験できるし、五感をフルに使って体で吸収できるものです。ただ、写真でも風を表現したり、動きを表現することはちょっとした操作で写すことが可能なのですけど、やはり人間の五感に勝るものではありません。五感で感じること、皆さん最近してますか?カメラには無い人間が持っている最高の機能「五感」も使わないと錆びてしまい、退化していくものです。デジタルな分野が進み、人間本来が持っているすばらしいアナログ的な感覚や能力が少しずつ減りつつあることが気になるのは、私だけでしょうか?

 
CoCoCity