Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
東オホーツクの自然・動植物・風土など身近な被写体を題材に撮影活動を続ける。

東オホーツクは、海・山・湖・川・農村景観・流氷と北海道のすべてが凝縮された地域で、四季彩が豊かで気象条件にも変化がありますから撮りつくせないほどに魅力的です。最近は、ギターで右手と左手を使い、脳の老化防止にもチャレンジ。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

 年齢のせいでしょうか?!何とも早いもので今年も残すところ3ヶ月。高い山ではすでに紅葉の準備が始まってきています。毎年、今年こそは撮り残しをしないと心に誓っているのですが、不順な天候に意地悪されてしまい思うような撮影が出来ていません。
 今年は、正月から雪が例年の半分くらいしかなく、春からの低温が続いたと思ったら一気に30度の真夏日へと、猫の目のような天候に振り回されています。9月はいったいどんな天候になるのでしょうか?例年9月の天候が綺麗な紅葉には大きな影響を与えるものです。9月に雨が少なく、高温が続くと紅葉する葉は乾燥してしまい、紅葉を始める低温期にはすでに枯れてしまうのです。今年こそ、綺麗な紅葉を見るためにも9月の天候に期待したいと思います。

故郷をめざして 〜 大空町東藻琴 芝桜公園

 この時期、オホーツク海には生まれ故郷の川をめざしてマスやサケが押し寄せてきます。順番的には、サクラマス、カラフトマス、シロザケと順序良く次々と生まれた川の上流部をめざし長い険しい旅をしてきます。ここ東藻琴芝桜公園の中を流れる藻琴川はオホーツク海から約20キロ上流部で、途中には川幅が狭く小さな滝みたいなところもあり、ここまでサケたちは傷だらけになりながら次の世代のために最後の力を振り絞ってたどり着きます。サケたちにとって一番の受難は雨が少なく川の水位が低いことです。雨が多いと難無く遡上できるのですが、いつもこの周辺の水位は低く所々サケの体が半分以上も出てしまいますので、サケの体は擦り傷だらけ。サケたちの遡上する川は、サケたちにとっては次世代への種の継承のための大切な自然環境に恵まれた場所ですが、山の自然にとってもサケは貴重な恵なんです。最後の力を振り絞って産卵をしたものも、そうでないものも力尽きてしまい、川の微生物や川周辺に生息する動物・野鳥たちの貴重な栄養源となり、生態系に無くてはならない存在であることを理解しなくてはいけないと思います。

黄色い大地 〜 網走市 中園

 秋は畑の色彩が作物の収穫と共に次々と変化していく時期です。小麦の収穫あとに吸い取られた畑の栄養を補給するために作付けされているキガラシ。寂しくなった農村景観をひと際鮮やかにしています。秋は、キガラシやひまわりがあちこちに点在するのでとても楽しみです。ちょうどこの場所は東オホーツクを代表する斜里岳や知床連山が遠くに控え、広大な北海道らしい雄大な景観を楽しめる地域だと思います。私は、撮影するときのポイントの一つは、この地域の象徴的な山々などを入れることでその地域の名刺代わりになる作品になるし、その地域に住んでいるからこそ撮影できるものが沢山あると考えています。また、地域への愛着にもつながると思います。一面のキガラシやひまわりをどうしても近くに寄って撮影したい気持ちはわかるのですが、畑は農家の皆さんの大切な財産ですから、むやみに立ち入ったりしないように注意が必要です。

 
CoCoCity