Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
東オホーツクの自然・動植物・風土など身近な被写体を題材に撮影活動を続ける。

東オホーツクは、海・山・湖・川・農村景観・流氷と北海道のすべてが凝縮された地域で、四季彩が豊かで気象条件にも変化がありますから撮りつくせないほどに魅力的です。最近は、ギターで右手と左手を使い、脳の老化防止にもチャレンジ。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

 残暑の9月が終わり、いよいよ大雪連峰から始まった紅葉前線がこの地域にも広がって来ます。また、10月は大雪はもちろんですがこの地域の山々にも初雪の便りも届く時期です。日に日に服装が厚手になって、熱燗と鍋の恋しい季節になってきましたが…うきうきしているのは私だけでしょうか…

晩秋のコスモス 〜 清里町コスモスロード

 風になびいてゆらゆらとコスモスの花が秋への別れを惜しむかのように道路脇一帯で手を振る。コスモスの遠くには初冠雪した斜里岳がひっそりとたたずむ。ここ清里町市街から斜里へと向かう道路の秋の風物詩として、すっかり定着しています。例年、10月中旬には斜里岳や羅臼岳は初雪となりますからタイミングが良ければこのような風景を楽しむことが出来ます。ちょうどこの日は、知床峠に撮影に出かけたのですが、雪で通行止めになり、開通をずっと待って行ったのですが峠の上部は降雪で山が見えないために、あきらめてしぶしぶ帰る途中でちょうど斜里岳が初雪を乗せたままくっきり姿を見せてくれました。夕暮れも近く、急いで綺麗なコスモスを探して斜里岳をフレームに入れて撮影。すでに知床峠で落胆していた撮影意欲が一気に回復。あきらめずに立ち寄ってみて良かった…とラッキーなショットになりました。知床連山から斜里岳そして藻琴山など東オホーツクを代表するランドマーク的な山を入れることで、その地域の魅力として確固たるブランドや象徴のような感じにもなると私は思います。そのことは地域への愛着にもつながるようにも思います。初冠雪は一年で一度…いつも見慣れた景観でも、その一瞬一瞬でしか見られない貴重なひとときがあることを伝えて行きたいと思っています。

藻琴山紅葉 〜 藻琴山7合目

 藻琴山=標高千メートル、決して山としては高いわけではなく、日本百名山に登録されてもいないし、斜里岳などと比べると険しさも無い、なだらかな山ですけど「藻琴山」は魅力に富んだ山だと思います。どの季節でも手軽に登山ができるし、山頂からの景観は圧巻だし、どこの名水よりもピュアな「銀嶺水」があり、登山口には道内唯一の炭酸を含んだ天然温泉の露天風呂があるなど、まさしく五感を刺激してくれる山です。中腹から流れる藻琴川水系ではサケやマスが遡上してくるなど自然界の生態系にとっても貴重な山であることも確かです。東藻琴から登山道に入り、8合目まで車で向かうと途中でダケカンバがいっせいに黄色に色づき始めていました。藻琴山も斜面によっては常緑の松が多かったり、また違う斜面ではダケカンパが多かったり、それぞれの斜面で秋色は異なります。ここの反対の斜面には所々赤いナナカマドが色鮮やかに点在し、年中緑で季節感の表情の少ない針葉樹帯に紅葉の季節サインを送っています。今シーズン、正月からの降雪は極端に少なく迫力のある樹氷が見られた藻琴山もひっそりとした冬の情景でした。果たして、次期はいつものような雪が降ってくれるのか心配です。

 
CoCoCity