Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
10月15日から17日まで全道高等学校文化連盟の写真部の大会が北見市で開催され、撮影会と講演を担当させていただきました。これも写真を続けてきたことや声をかけていただいた先生との出会いのお陰です。生徒さんも、継続すること・発表すること・出会いを大切に、永く楽しい写真を続けて欲しいものです。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

 周辺の山々にも雪帽子をかぶる姿が目に付く季節になりました。木々たちも夏の太陽からうけたエネルギーを木の実や木の葉に蓄え、次世代への継承と大地への栄養や水資源へつなげるために地面へと降り注ぐ季節です。自然は常に次世代への保全・継承を地味ながら繰り返しています。それを防げるのはいつも人間。撮影する側も心無いごみ投棄や立入り制限、危険行為など自然や見ている方への影響も考慮して作品化することが大切ではないでしょうか。

森作りをするエゾリス 〜 (網走湖畔)

 積雪を前に、エゾリスたちは冬支度に忙しい毎日。この時期、クルミや栗・ドングリの木には、どこからともなくエゾリスたちがしのび寄ってきます。夜が明けたばかりの湖畔のクルミの木の下でじっと待っていると、朝露に濡れた芝生の中から落ちたクルミを探しだして、せっせと冬用の食糧庫へと運んで行きます。エゾリスたちは音には敏感ですが、じっとしていると人間のすぐそばまで近づいてきます。こちらが危害を加えないとわかるとじっと目線があっても逃げることはありません。エゾリスたちは冬用の食糧庫を幾つも持っていて、雪に埋もれるとその場所を忘れたりします。その忘れたり、食べ残しのクルミのお陰で、芽が出てクルミの木が増えていきます。クルミなどの木の実をつける木々にとってエゾリスは子孫を残し森作りをする大切な動物です。硬いクルミを食べるのはアカネズミとエゾリス、稀にカラスも食べますがそれぞれ食べ方が違いますから食べた殻を見るとどの動物が食べたか判るのです。寒さが苦手なエゾリスたちは冬眠をしないので茶色の夏服からフカフカの灰色の冬服へと着替えをします。エゾリスは毎日規則正しい生活リズムと縄張りを持っていますから、危険を感じなければ同じ場所で出会うことが多いので、顔なじみになれます。

黄金の輝き 〜 高間の池(大空町女満別住吉)

 モミジや白樺の葉もすっかり落ちて、あとはカラ松の色づきが残るだけとなります。カラ松も場所によって色づきが異なります。カラ松が落葉してしまうと、木が寒々と感じてしまって、いよいよ本格的な冬へ加速するような気分になります。この時期、からっ風が強いことが多いのですが、風がないと湖面に写って彩りの魅力が更にプラスされます。この池も渡り鳥や菱の群生、スイレンなど多くの動植物などが生息していて、とても魅力があります。季節によっても様々な表情をしてくれますから、訪れるたびに感動があります。どんな場所でも、実際に足を運んでこそ五感で受ける魅力や感動は味わえないものです。写真や映像などはその場の感動や魅力のほんの一部を紹介するに過ぎません。
 先日、機会があって障がいのある方々を案内したことがありました。目に障がいを持った方は直接花に手を触れて花の感触を確かめたり、風を感じたりと自分の持っている五感機能を精一杯働かせ、体でその場の魅力を積極的に感じようとする意欲を感じました。健常者の方が何事にも鈍感になってしまっているのかもしれませんね…

 
CoCoCity