Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
10月15日から17日まで全道高等学校文化連盟の写真部の大会が北見市で開催され、撮影会と講演を担当させていただきました。これも写真を続けてきたことや声をかけていただいた先生との出会いのお陰です。生徒さんも、継続すること・発表すること・出会いを大切に、永く楽しい写真を続けて欲しいものです。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

 「スマイル」読者の皆様明けましておめでとうございます。毎月、スマイルの写真コラムに掲載させていただき20回目になりました。住んでいながら、その地域の素晴らしい魅力が見逃されているのはとても残念なので、少しですが紹介できればと思い掲載させていただいています。さて「一年の計は元旦にあり」の言葉があるように皆さんも今年はどんな年にしようかと試行錯誤されているのではないでしょうか?私は、今年も気張らずにお気楽で自然に任せながらの写真を続けられるといいなと思っています。

雪衣装 〜 藻琴山

 冬、少し吹雪くとすぐに藻琴山へと続く峠の道はいち早く封鎖されてしまいます。隣の峠道は開通しても、なぜかここの峠が開通するまでにはかなりの時間がかかっています。すでに吹雪は去って青空の山を恨めしく見上げると、そこには真っ白なダケカンバや針葉樹の樹氷が隆々としているのがはっきり見えます。冬の藻琴山は、木々の種類で異なる樹氷が素晴らしいのです。冬ならではの別世界が間近に見られる貴重な山なのですが、いかんせん通行止めが長く、せっかくの素晴らしい樹氷や屈斜路湖の氷が寒さで盛り上がる神渡りなどを眼下に見渡せるのですが、残念なことが多いのです。藻琴山の峠道路からのスノーシューを履いて笹薮の上を渡ると、夏はやせていたダケカンバが分厚い真っ白な雪衣装を重ね着しています。雪原も強い風で雪紋になり、まるで京都の古寺の中庭の敷石のように、職人が創作したかのような造形を思い浮かべます。
 樹氷も気温や風によって、すぐに落ちてしまうので二度と同じ風景を見るのは難しく、朝見られても、午後にはもう見られなくなるほど貴重な瞬間です。

流星に願う? 〜 大空町開陽

 夜空は、寒さと共に星の輝きが増してきます。太陽や月と同じで、星座も夏と冬では見える位置なども違いますから、寒いのですがちょっと時間があったら周囲に明かりの少ない場所で空を眺めてください。時には、星の軌道から外れて早く動く衛星も肉眼で見れたり、流星も偶然出現することもあります。星の専門書を覗くと、その月の天体の活動が載ってます。流星群はその出現予定の前後から観測できます。最もピークになる日時が天候不順なことも多く、意地悪されてしますことも多々あります。この写真の日はおうし座の流星を狙って、夜中の11時から4時まで5分間隔でずっとシャッターを切り続けていると、花火が落ちてくるほどの大きさの流星が現れました。肉眼では見れたのですが、果たしてフィルムに写っているかが気がかりでしたが、現像から返ってきて思わずにっこり。寒い中、長時間ずっと撮影を続けた60枚のうちのたった1枚だけでしたが、寒さや長時間の疲れが吹き飛ぶ瞬間です。大きく長い流星であったために見とれていて肝心な星にお願い事をするのを忘れてしまっていました。皆さんなら、いったいどんなお願いをするのでしょうか?お金、宝くじ…お金があっても病気なら意味が無いから、やっぱり健康であることを私は一番にお願いします。

 
CoCoCity