Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
2月は各地で冬祭りが盛んに行われる時期です。規模の大小はありますが、私は基本的にやっている方々が冬を魅了と感じて楽しんでいることが大切と感じます。冷ややかな雪も、楽しみ方は工夫次第です。雪壁や雪だるまをくり抜いて、太目のロウソクを灯すだけでも雪灯篭が楽しめますから、やってみてください。
【連絡先】090-2058-1565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

 早いものでもう2月号、スマイル発刊21号目。私としては2月号の21回目とはとても数字の並びが自分の誕生日と偶然同じくなりました。写真も偶然の出会いや季節・時間などの条件が揃わなければ見ることの出来ないものが沢山あります。毎日同じ場所にいても必ず同じ写真が撮れることは無いのです。写真は、これが完成品というものは無く、思い描くようなシーンに出会うまでは何度も何度も通いつめることが多く、ある意味体力・気力勝負のような気がします。その中で偶然なチャンスも生まれてきます。

気球散歩 〜 小清水町

 小清水周辺を通ると、緩やかな風に乗って熱気球がゆったり飛んでいるのを良く見かけていて、熱気球の上から見るとどんな景色が広がっているのだろうと思っていると、写真集団代表の橿原さんの計らいで乗せてもらうことが出来ました。熱気球が飛べる条件を聞かされると、傍から見てるのとは違って限られた気象条件の中で飛行していることを知らされました。海に向かうと風と風速が5m以上では飛行できないし、冬は広い雪原に着陸できますが、作物があるうちは畑には降りられないので季節も限定される貴重な乗り物と気づかされます。早朝から風が止むのをずっと待ち続け、午後2時過ぎ、夕暮れ前のわずかなチャンスが訪れ、無事フライト。熱気球自体が風に乗っているため風圧は全くなく、まさしく風に乗って浮き上がり動力のついた乗り物とは全く違う心地良さ。上空から見る景観は、真っ白な畑に縦横に走る防風林がこの地域の農業を支えてきた力強さをくっきりと残しています。まるで動く鳥瞰図(ちょうかんず)のようです。いつも鳥達はこんな景色を見ているのかと思うと羨ましく思えます。毎年、2月中旬に小清水町でバルーンフェスが開かれ、熱気球に乗れるチャンスがあります。昨年のフェスは荒れた天候で残念ながら中止でした。今年は、是非天候に恵まれることを願っています。

染まる知床連山 〜 斜里町ウトロ

 知床のランドマークでもある知床連山は、海沿いの道路を走ると知床への距離感を告げる目印。次第に大きくなってくると「ようこそ知床へ…」とでも言うかのようにその存在の大きさに圧倒されます。この地域でもいち早く10月に初雪が降り、11月からは峠も閉鎖され、夏の賑わいとはうって変わり真っ白く厚い雪のベールで覆われて、静まりかえり、短い夏のためにベールの下で英気を蓄えているようにも感じます。ここウトロは10月中旬を過ぎると一気に客足が無くなりますが、雪が積もるお陰で冬ならではの知床連山の天然色を楽しめます。また、夏は根室方面からの湿った空気のために月や星が綺麗に見えないことも多いのですが、この時期は月や星も見られるのも特徴です。この日も沈む夕陽を浴びて連山が赤く染まる中、凛とした月も演出に参加してくれました。夕陽の色も毎日違い、明日には月の出演時間も異なります。夕陽が沈むと連山のスクリーンから赤が消え、空の藍さを受けて青白い連山がほのかに輪郭を現します。
 こんな自然の演出を楽しまないのをもったいないと思うのは私だけでしょうか。

 
CoCoCity