Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
釧路川のラッコ「クーちゃん」がテレビ報道などでフィーバーしてますが、身近には報道されない絶滅の危機にさらされている貴重な動植物が沢山ありますから、そちらも注目して欲しいものです。皆さんの周りでも最近目にしなくなった動物や植物などはいないでしょうか?ちょっと周りを観察してみてください。
【連絡先】090-2058-1565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

 今年の冬は昨年とは違って、雪の量が平年並みに戻りましたが、早々と流氷が遠くにいってしまいました。いつも、3月末から4月初旬にかけて流氷帯の上で出産するクラカケアザラシの真っ白な赤ちゃんを撮影に羅臼に張り付いているのですが、流氷が羅臼に接岸していないのも珍しいことです。いつもは餌となる魚の豊富な羅臼沖の流氷の上で3月末から4月初旬に出産するのですが、今年はどこで出産するのか心配です。昨年は、この時期しっかり羅臼沖には流氷帯があってクラカケアザラシを見ることができましたが、やはり数は極端に少なく、2日間探して3頭でした。数年前は1日で5、6頭は見られたのですが、しだいにその数は減っているように思います。そんな心配をよそに、外の空気は温まり野山もすっかり春のぽかぽか陽気となっています。木々の新芽や土中からも春を待ち遠しかった植物たちが見せる春の開花ショーを楽しみましょう。

夕陽に映える柳の花〜網走湖畔

 4月の初めは、地面がまだ雪に覆われていても春の強い日差しが心地良い暖かさを送るようになると、木々の新芽がそれに応えて成長を加速させていきます。河畔などの脇を通ると小さくふっくらとした綿のような防寒着に覆われた柳の花が一斉に開花していきます。小学生の頃、学校までの川沿いの道を歩いていると柳の花が鈴なりに咲いているのを毎日見ていたことを思い出します。2日もすると姿を変えていく早さを、年々見ていたのですが、いつの頃からか春の当たり前の情景と化していました。撮影を始めてから、春の芽吹きや植物たちの力強い息吹を感じさせられています。この日もいち早い河畔の春を探して散策していると、柳の花が満開になっていました。タイミングよく夕陽が薄い雲に阻まれ、強い光を押さえてくれたので花の輪郭が夕陽に浮かび上がってくれました。日中とはまた違った柳の花を見ることができました。

森の妖精たち〜佐呂間町

 平地でも名残雪を探すのが苦労するようになると、日当たりの良い森の中もすでに白から緑へと衣替えを終えています。心地良さに惹かれてドライブをしていると佐呂間町の道の駅近くの道路わきの森の中の色が違って見えたのが気になり、戻ってみました。
 森の緑の絨毯にまるで数え切れない妖精が立っているかのようにエゾエンゴサクが群生していたのです。水色の可憐な花を複数つけて、これだけ群生するとしばし見入りました。大きな葉のバイケイソウや小さな黄色い鋭い花をつけたキバナノアマナも所々にアクセントとして咲いています。エゾエンゴサクは結構どこにでもあるのですが、これほど群生していると天然のお花畑です。誰が植えたのでもなく、自然に繁殖したものだと思いますが、まだ森が新しいのか他の植物に陣取りされていないうちにエゾエンゴサクが領土を獲得したと思われます。この綺麗なお花畑も、エゾエンゴサクが花を閉じてしまうと色合いが変わって緑一色の光景に変わってしまいますから、春限定の花畑メニュー。ゆっくり散策すると、見過ごしている小さな花畑を探せると思いますよ。

 
CoCoCity